安心快適に過ごすため警備会社に相談して対策をしよう

ガードマン

安心して生活するために

警備員

日本の安全神話は、すでに崩壊しつつあります。自分の身は自分で守る時代が訪れたのです。そこで普及してきたのが警備会社と契約するホームセキュリティシステムです。どの警備会社とどのような契約を結ぶのがベストなのか、家族や地域の人と話し合うことが重要です。

Read More..

住宅セキュリティの必要性

錠前

自衛手段の必要性

昨今では単に戸締まりをしていれば安全という時代ではなくなってきました。とくに女性の一人暮らしの場合は常にセキュリティに気を使う必要があります。一昔前であればオートロックで建物入り口が施錠タイプの集合住宅では高い安全性が確保されていましたが、最近ではそれも完璧とは言えなくなってきています。ネットの普及により良い情報も悪い情報も不特定多数の人間が共有できるようになり、ストーカーの手口も日増しに高度なものになりつつあるのです。ストーカー被害は、まず住居を特定されることから始まり、その後盗聴、盗撮、盗難とエスカレートしていく場合が少なくありません。いずれの犯罪行為もまず住居に侵入しなくては始まらないため、侵入を阻止するためのセキュリティは最重要課題であるといえます。自身で行えるセキュリティ対策には、警察や自治体に相談する、警備会社と契約する、自分で警備機器を導入するなどありますが、賃貸の集合住宅などの場合限界があるのも事実です。

民間サービスを利用する

本来なら犯罪に対してもっとも高い抑止力を持つのが警察ですが、事件が発生する前の段階では色々と難しい点があることも事実です。度重なるストーカー被害によって柔軟に対応しつつあるようですが、それでも十分とは言えない部分もあるようです。民間の警備会社ですと警に比べてしまうと、強制力はさほど強くありません。しかし、犯罪を抑止するための商品の開発やシステムは警察よりも高い機能を有するものを保持していることも少なくないのです。集合住宅の場合ですと、窓や入り口にセンサーを設けて、不法侵入と同時に大音量の警報が鳴り周囲に異常を報せます。警備会社の社員は感知から25分以内で現場に到着するようになっていますから、侵入者を撃退するのに高い効果が見込まれます。また、賃貸物件の場合はすでに警備会社と契約しているところもありますので、事前に不動産屋等に問い合わせてみるのもいいでしょう。

警備のための人員を確保

住宅模型

ガードマンは泥棒を捕まえる仕事ではなく、泥棒を寄せ付けないための仕事だということを知っておきましょう。警備は規則正しく行うよりも不定期に変更したほうが効果的な警備体制となります。防犯カメラと警報システムにあわせ、ガードマンをしっかり雇いましょう。

Read More..

災害時に役立つ

婦人

警備会社には、災害時に警察や他の警備会社と連携して、周辺の治安を維持することが義務付けられてます。セキュリティ対策をしっかりしてくれるので安心して任せられます。災害時には警備会社を開放する会社もあって避難することができるので、あらかじめ位置を確認しておきましょう。

Read More..