安心して生活するために|安心快適に過ごすため警備会社に相談して対策をしよう

安心快適に過ごすため警備会社に相談して対策をしよう

住宅模型

安心して生活するために

警備員

安全をお金で買う時代

日本は世界において類を見ない治安のいい国と言われています。しかし、昨今は凶悪犯罪が増加し国民の防犯意識も高くなってきています。特に、自宅を窃盗犯などから守るホームセキュリティはどんどん普及しています。ホームセキュリティとは、一戸建ての自宅だけではなく、マンションやアパート、集合住宅の住人を守ってくれるシステムです。また、企業の事務所なども含まれます。ホームセキュリティを利用するには、まずは警備会社と契約をし、センサーなどの防犯機器を設置します。不審者が侵入した時にはそのセンサーが働いて警備会社に通報、警備員がすぐに駆けつけてくれます。安心を買うという形になりますが、安全神話が崩壊しつつある日本において、ホームセキュリティはこれからもますます拡大していくでしょう。

様々なサービスもある

ホームセキュリティは契約する警備会社や契約内容により提供されるサービスは異なります。しかし、ほとんどの警備会社は、設置したセンサーで不審者を感知した時に、光や音などで威嚇後、すぐさま警備員が出動したり、ガス漏れや火災なども感知し、警備会社へ通報してくれます。また高齢者の突然の体調不良などにも対応してくれるなどのサービスがメインとなります。大切なのは、これらが24時間対応してくれるのか、警備員が到着するまでにはどれくらいの時間がかかるのかなどを契約内容とも照らし合わせて確認することです。警備業務法施行細則によれば、警備会社は異常を感知してから25分以内に警備員を現地に到着させることが出来るように、常に待機しておかなければならないと決められています。このようなことも踏まえながら、家族や地域の人と十分に話し合って警備会社を選びましょう。